顎がカクカク鳴る・口を大きく開けられない

顎の異変!?顎関節症を疑いましょう

顎関節症は、顎がカクカクと鳴る、口が開かなくなる、顎を動かしたときの痛みや音がひどく気になる、といった症状の総称です。

診断の目安として考えられるのは、次の3つの点です。

顎関節症の疑いが強い3つの症状

1.口を開けるとき、閉じるときに顎から音がする

2.口を思いきり開けたとき、そろえた指3本が縦に入らない

3.噛んだときに、こめかみや耳の付け根に痛みがある

顎関節症とは?

「顎関節」は頭蓋骨と下顎をつないでいる部分のことを指します。下顎は、左右の耳の穴の前からブランコのように頭蓋骨にぶら下がっているのです。この関節に何らかダメージがあることを「顎関節症」といいます。ダメージを受けた部位によって4つに分類されます。

I型 顎の筋肉に障害がある 咀嚼筋が痛いタイプ
II型 顎関節そのものが痛む 噛み締めると痛いタイプ
III型 関節円板の位置がおかしい 口の開閉時に音がするタイプ
IV型 骨が変形している 慢性的に症状あり
動かすとギリギリと雑音

顎関節症を引き起こす原因

顎関節症は、生活習慣や癖によって引き起こされます。顎関節や周辺の筋肉に、長い時間慢性的に力が加わることで問題が発生していることがほとんどです。また、無意識に行っている癖や噛み合わせ、姿勢といった複数の要因が関係しあっていることが多く、これらすべてを紐解いてから治療を行う必要があります。

こんな癖や身体の特徴、ありませんか?

うつぶせ寝/寝るときに顎の下にいつも手を添えている 頬杖をつく/姿勢が悪い 歯のくいしばり/歯ぎしりをする 硬いもの(スルメ・せんべい・硬いパンなど)が好き ガムを長時間(一日中)噛んでいる 食事のとき、片側でばかり噛む 顎が小さい/顎がズレている/顎が変形した気がする 重心が真ん中にならない楽器を吹く/バイオリンの演奏をする

これらひとつひとつが、すべて顎関節症の原因になるわけではありませんが、無意識に長時間続けているのなら注意が必要です。

【意外と知られていない歯ぎしりの悪影響】

歯ぎしりは無意識に行っている癖のひとつです。朝、目覚めたら顎の周りが痛い、頭痛がする、気付いたら歯をくいしばっていた……。こんな経験があると、歯ぎしりをしている可能性が高いと考えられます。

歯ぎしりはさまざまな身体の不調を招きます。
・歯の噛み合う箇所(歯の表面)を削ってしまうことから、知覚過敏を引き起こす原因になる
・噛み合わせを乱し、肩こり・頭痛・腰痛などにも影響を及ぼす
・重症な場合は、歯がグラグラしてきたり、歯や歯ぐきに痛みを感じたりする
歯ぎしりによって起こる症状は、顎関節症だけではなく、さまざまな悪影響を引き起こすのです。

なお、歯ぎしりの原因には、過度のストレスが影響していると考えられます。ストレスや緊張が、歯への圧力という形で歯ぎしりを引き起こしてしまうのです。

人の噛む力は思っているよりも強いもの。1日に何度か意識的にリラックスしてみることで、歯ぎしりが改善されることもあります。ちょっと一息、試してみてはいかがでしょうか?

顎関節症の治療法

顎関節症の治療法には、主に3つあります。これらの療法は、先の症状で類型化された4つのタイプ(I~IV型)に対してそれぞれ適応されます。

療法 適応される
症状別タイプ
治療内容
薬物療法 I型・II型 消炎鎮痛剤や筋弛緩薬を服用
II型 もしくは湿布・塗り薬を使用
運動療法 III型 ズレてしまった関節円板を元の位置に戻す運動
1日5~10分 数回を、1ヶ月継続
IV型 関節円板がズレたままの位置で正常な運動を回復させる
1日5~10分 数回を、1ヶ月継続
スプリント療法 I・II・III・IV型
すべて
歯列を覆う装置「スプリント」を就寝時に装着
夜間に2~3ヶ月使用

噛み合わせは大切です!

噛み合わせは身体のバランスにも深く関係していると考えられています。人の口腔内のちょっとしたバランスの乱れが、身体のバランスへ影響するのです。

当院では、治療にあたって噛み合わせの改善のために、できる限りのことを行います。歯のクリーニングをかねた定期健診で噛み合わせの問題がわかり、それを改善することでしつこい頭痛から開放された、といった方もいらっしゃいました。

どうにも治まらない身体の不調がありましたら、噛み合わせの乱れを疑ってみてもいいかもしれません。

ページの先頭へ戻る