子どもの歯が心配

お子様と来院しやすい歯医者さんを目指しています

当院は、医院名に「ファミリー」とついているように、お子様連れで来院しやすい環境整備を心がけています。治療時には保護者の方に同席していただけますし、治療後にはちょっとしたご褒美プレゼントも用意しています。
お子様の歯は、乳歯が生えてきた頃から、虫歯との戦いが始まっています。お子様自身、保護者の方、そして歯科医院の三者が協力することで、より適切な予防、治療を行っています。

保護者の方へ~気を付けていただきたいポイント~

小さなお子様がはじめての歯医者さんを体験する前に、ご家族の方、保護者の方へ気を付けていただきたい点がいくつかあります。

・周囲の大人が「歯医者さん」に対して正しい認識を持ってお話ししてください。健康のためにとても大切なことだと好意的なお話をしてあげてください。恐怖心を煽るような話はしないでください。
・「注射」という言葉ではなく「麻酔」を使いますので、ご協力ください。
※必要な場合には局所麻酔を使用し、痛くないよう治療を行います。
・お子様の勇気の源は、ご家族の方の励ましです。治療が無事に終えられたら、「よくがんばったね!」と言葉のご褒美をたくさんかけてあげください。

よしだ・ファミリー・歯科の小児歯科処置

歯みがき指導

毎日の大切なケアは歯みがきです。お子様が自分で歯みがきに慣れるように、またご家族の方がお子様のお口に最適な仕上げみがきができるようにご指導します。お子さんのお口に合った歯ブラシ選びから、注意すべき生活習慣まで、ご自宅でできる虫歯予防について、わかりやすくアドバイスします。

シーラント

子どもの奥歯には深く細かい溝があり、虫歯になりやすくなっています。その溝にあらかじめ歯科用プラスチックを埋めこんで、食べかすなどの侵入を防ぐのがシーラントです。奥歯の虫歯予防に効果的です。ただし、シーラントをしたからといって安心せず、定期健診で虫歯の早期発見を怠らないことが大切です。

フッ素塗布

歯のエナメル質を強化し、虫歯に強い歯を作るフッ素を塗布します。乳歯はもちろん、生えたばかりの永久歯にも効果的です。数ヶ月に一度定期健診時にフッ素を塗布をすることで、虫歯予防の効果がより高くなります。なお、初期の虫歯であれば、フッ素塗布で治癒することがあります。

過剰歯の抜歯

稀に乳歯と永久歯以外の「過剰歯」が生えてくることがあります。この過剰歯は文字通り余分な歯であり、きちんと生えて来なかったり、永久歯の成長に影響したりするため、ほとんどの場合抜歯することになります。他の歯に影響がなければ、そのままにしておくこともありますが、ケースバイケースですので、よくお口の中を見て判断しています。

床矯正

床矯正は、永久歯がすべて生えそろうスためのペースを確保する矯正治療です。顎の成長する力を利用して、無理のない力で、歯が生えるスペースを拡げます。取り外しのできる装置を使うため、食事や歯みがき時などに邪魔になりません。

ムーシールド

7~8歳くらいのお子様の受け口(反対咬合)は、ムーシールドを使って治療することが可能です。成長期の寝ている間だけお口の中に付ける装置で、不正咬合の改善が期待できます。

ページの先頭へ戻る

小児歯科処置の際にはラバーダムを使用しています

ラバーダムは、治療する歯の周りに張る薄いゴム製の膜です。ラバーダムを使用することで治療の際に、お口の中や舌を傷付けるのを防げます。また、治療で出る歯や金属の削りカスや破片などをお子様が誤って飲み込まないようにする役割もあります。さらに、感染症予防にもなり、治療効率も高まりますので、当院の小児歯科では、ラバーダムを積極的に使用しています。

ラバーダム使用の利点

1.治療中にだ液が治療箇所に入るのを防ぎます、無菌にかなり近い状態で治療できます。
2.治療する歯が良く見えて、精密な治療ができます。
3.治療中に誤って口唇や頬粘膜や舌を、傷づけてしまうケースを防ぐ事ができます。
4.小さな治療器具、歯の削りかす・破片の誤飲を防止できます。

当院で治療を受けたお子さまの声

お子様の歯を大事にしましょう

近年、大人の歯科と同じように、小児歯科でも治療より予防にウエイトを置くようになってきています。

予防の大切さを知ってもらい、予防のための習慣を身に付けてもらうことが、お子様の歯の末永い健康の支援になると考えています。しかし、親御さんやお子さん自身が、小さな頃から歯を大切に守っていくべきものだと意識することが何よりの予防になります。予防意識を身に付けるためにも、ちょっと遊びにいく感覚で歯医者さんに慣れてもらえるとうれしいですね。

ページの先頭へ戻る